占い業界が使う霊感の意味

reikan-tyokan

今回はゲームの話しではなく私のもう1つの趣味でもある占いについて書いていこうと思います。

占い好き、もしくは興味のある人なら一度は聞いたことがあるはず。霊感。なんか一般人とは違った特殊な力を持った人間にしか霊感は存在しないようなイメージがあります。ですが、霊感って本来は誰もが持っているもの。占い業界では霊感と名のつく占術は非常に高い人気を誇っています。

タロット占いといったものがありますが、霊感タロット占いといったジャンルも存在しています。霊感がつくだけで普通のタロットよりもすごい当たりそうな感じがしますよね。

しかし、占い業界ではわざと「霊感」をくっつけて呼んでいるケースが多いです。理由は前述した通りに霊感とつけるだけで私たちユーザーは「すごそう!当たりそう!」といったイメージを持ち、実際に人気が出たからです。

占い業界の霊感や霊視といった定義は非常に曖昧です。

普通の人にないような力を持っている。霊が視える力といったように勘違いを生んでいるケースもあります。確かに少数ではありますが、そういった特殊な力をもった占い師の方もいると聞きますが、実際は鋭い直感力を秘めた占い師さんと思っていれば良いと思います。

つまり霊感や霊視が得意な占い師さんというのは、直感力が鋭く、話しを聞いているとイメージが沸くような先生が多いそうです。特に霊が視えるとか、人の心を読むことができる力はありません。

直感力=霊感といった図式が占い業界の流行り言葉である霊感です。

でも直感力だけで相手の運勢を決めることは難しいです。そのため霊感に強い占い師さんはバックグラウンドとして多くの占術を学んでいます。前提の知識や経験もあるのでインスピレーションから相手の運勢や過去、未来などを感じ取ることができるようになります。透視やリーディングなどを学ぶとより精度も高まるようです。

霊感といった言葉が一人歩きして、あたかも凄そうなイメージが湧いてしまいますが、普通の人よりも勉強したり経験が多いので直感力が高いのが占い業界の霊感の意味でもあります。それを知って踏まえた上で鑑定してもらう先生選びをすることが大切です。