プロ占い師になるための準備

現在、占い業界では占い師の実力低下が深刻な問題にもなっているようです。開業資金や仕方がわからないけど実力がある先生が埋もれており、素人なのに優雅に鑑定を行っているケースも多く存在します。このような場合は相談者はもちろん占い師自身にとってもあまり歓迎できるような状態ではありません。

もし占い好きでよく鑑定を受けるのであれば1人位は本当にこの人は占い師か?といったような人に遭遇した経験はないでしょうか。

占い師は一つの占術しかできなくても職業としては成り立つものです。私のお会いした占い師の中には78枚ではなく22枚のアルカナカードしか使わない。十二星座だけで占いをするといったお粗末な占い師の方もいました。

ですが占い師は知識だけあれば成功するものでもありません。占い師をやる以上はビジネスですのでセンスだって必要。四柱推命や西洋占星術など古来からある占いは覚えることが多くあります。ですが論理的な答えが欲しいならコンピュータにプログラムさせた内容で答えをはじき出せば簡単です。ですが占い師は自分のフィルターを通して相手に伝える役割があります。

良い例えばありましたが、占い師は直感を働かせるために思考をしてはいけない。

考えなくても視えるレベルまで技術や体に染み込ませてこそプロ鑑定士です。

占い師といった職業は勉強さえして占術を覚えれば誰でもなることができます。しかし本物の占い師になるには簡単ではありません。人を占うのですから責任だってあります。世の中には占い師の言うことしか信じないといった杞憂な方もいます。趣味レベルでの占いでお金を取るのはどうかと思いますよね。

プロ占い師になるには自覚も必要です。
占いは資格や免許もないので自分でプロ鑑定士と名乗った時点ですでにプロになるわけです。ですからこれから占いを勉強して鑑定士として生活していく覚悟があるなら自覚とプライドをもって占い師の勉強をしたり鑑定をするようにしてください。

電話占いって100%当たるのか?

占い好きな女子なら一度は気にする占いの当たる確率論。
実際に100%当たる占いなんてあるのでしょうか?この答え、実は100%当たる占いなんて存在はしないのです。ショックを受ける方も多いかもしれませんが、占い師さんは未来を予知する預言者ではありません。

基本的には古くから伝わる運勢を分析したり偶然の瞬間に起こる出来事から今後の予測をするといった手法に基いて自分の解釈を入れて占いをしていきます。

ですから占いしてもらった出来事に近いことが当たるかもしれませんが、確実に100%当たる占いは存在していません。

結果論を言ってしまうと占いで当たる確率というのは約60%程度だそうです。経験もあり能力もある占い師さんでも良くて70%〜80%が当たる確率と言われています。

そういった確率はテレビの占いを見ていればわかると思います。テレビの占いって最後に今日のラッキーアイテムなんて言って持って行くと良いものや身につけておくと良いものを発表しますよね。それを身に着けていて良い出来事が起こったことってどのくらいありますか?

あくまで占いはその程度の確率で当たるくらいに考えておいた方が気持ちもラクになります。心から信じてしまうと占い依存などになってしまいます。

当たる占い師よりも「いい占い師」を探す

当たる占い師よりも期待しない出来事が起こった時の対処や開運方法を具体的に教えてくれる占い師の方が私は良いと判断しています。これは人生経験であったり占いから導きだせた出来事に対する対策を熟知しているなど占い師により個人差もある能力だと考えています。

占いで出た結果論だけでなく、それに対してどうやってぶつかって行き乗り越えていく術を教えてもらえるか。そしてそれを実践して良い方向になったアドバイスをくれた先生の方が信頼もできますし何度も占いをしてもらうおうといった気になれます。

占いで導き出された結果は占術をしっかりと学んでいる先生なら誰でも言えます。ですが、それに対しての対応策などを具体性高く話せる先生はあまりいません。けっこう曖昧なアドバイスばかり。

ですから当たる、当たらないで先生を探すよりも相談前、相談後の自分を比べてみて気持ちが前向きになれたかどうかもスゴく良い占い師を選ぶ判断材料になると思っています。

電話占いは上手く利用すれば対面鑑定よりも安上がり。料金相場はこちらで紹介しています。

そして色々な先生に相談することができます。
わざわざ、誰か1人の先生を決める必要もありません。色々な先生に相談してみて波長が合う。元気になれるといった先生を思う存分、探してみてください。

占い業界が使う霊感の意味

reikan-tyokan

今回はゲームの話しではなく私のもう1つの趣味でもある占いについて書いていこうと思います。

占い好き、もしくは興味のある人なら一度は聞いたことがあるはず。霊感。なんか一般人とは違った特殊な力を持った人間にしか霊感は存在しないようなイメージがあります。ですが、霊感って本来は誰もが持っているもの。占い業界では霊感と名のつく占術は非常に高い人気を誇っています。

タロット占いといったものがありますが、霊感タロット占いといったジャンルも存在しています。霊感がつくだけで普通のタロットよりもすごい当たりそうな感じがしますよね。

しかし、占い業界ではわざと「霊感」をくっつけて呼んでいるケースが多いです。理由は前述した通りに霊感とつけるだけで私たちユーザーは「すごそう!当たりそう!」といったイメージを持ち、実際に人気が出たからです。

占い業界の霊感や霊視といった定義は非常に曖昧です。

普通の人にないような力を持っている。霊が視える力といったように勘違いを生んでいるケースもあります。確かに少数ではありますが、そういった特殊な力をもった占い師の方もいると聞きますが、実際は鋭い直感力を秘めた占い師さんと思っていれば良いと思います。

つまり霊感や霊視が得意な占い師さんというのは、直感力が鋭く、話しを聞いているとイメージが沸くような先生が多いそうです。特に霊が視えるとか、人の心を読むことができる力はありません。

直感力=霊感といった図式が占い業界の流行り言葉である霊感です。

でも直感力だけで相手の運勢を決めることは難しいです。そのため霊感に強い占い師さんはバックグラウンドとして多くの占術を学んでいます。前提の知識や経験もあるのでインスピレーションから相手の運勢や過去、未来などを感じ取ることができるようになります。透視やリーディングなどを学ぶとより精度も高まるようです。

霊感といった言葉が一人歩きして、あたかも凄そうなイメージが湧いてしまいますが、普通の人よりも勉強したり経験が多いので直感力が高いのが占い業界の霊感の意味でもあります。それを知って踏まえた上で鑑定してもらう先生選びをすることが大切です。

話題の電話占いの料金相場っていくら?

何か悩み事や不安がある時、それを人に相談できれば少しは気が楽になる事もありますが、相談しにくい悩みや、相談する人がいないときは1人で抱え込んでしまいます。

自己解決できれば一番いいのですが、なかなかそうも行きません。こういう時は電話占いに頼ってみるのもいいかもしれません。

電話占いにもいろいろなジャンルがありまして、占い師もたくさんいます。

ネットからも電話占いのサイトや占い師を検索できますが、直接電話で話をしながら占ってもらうため費用が発生します。料金は占い師によっても違いますし、サイトを通して占ってもらう場合はサイトのルールなどもあるため料金体制や占い方に規則があります。

どのように占うのか、何を占ってもらえるかは事前に確認しておきましょう。

電話越しなので相手の顔は見えませんが、中にはとてもよく当たる占い師もいて、人気の占い師になると予約がいっぱいですぐに占ってもらえず予約待ちをしなければいけない事もあります。

待っても期待できる占い師なら悩みを解決する手助けをしてくれるかもしれませんし、中には電話占いにのめり込み、何万も注ぎ込む人もいます。

占い師やサイトによる違いもありますが、大体の相場を知っておくと役立ちます。

占う内容によっては時間がかかる事もありますし、人気の占い師になると1人あたりの時間が決まっている事もあります。一般的には時間を決めていて、30分3,000円から5,000円というのが相場です。しかし30分で終わるとは限りませんから、それ以上時間がかかると今度は1分単位で加算される仕組みが多くなっています。

多少の違いはありますが、延長の場合1分あたり150円から200円が相場ですが、人気のあるカリスマ占い師になると1分500円以上というのも珍しくありません。

聞きたいことがいっぱいあると30分なんてすぐに経過してしまいますが、常に料金が加算されて行くことも考えて、使いすぎて払えないという事にならないように注意してください。

占いサービスは数えきれない位、あります。選ぶのに迷ってしまう場合は当たる電話占いランキングから参考にして選ぶと外れも少なくなります。無名よりも知名度や運営実績が長い占いサービスを利用する方が料金面、占い師のレベルも安心して利用することができますよ♪

血液型占いは理論上当たっているは本当なのか?

占いの種類もたくさんありますが、友達と盛り上がる占いの定番といえば、血液型占いでしょう。

皆さんの中にも実際に結果を見てみると、驚く程あたっているという経験をした事があると思います。中には全くあたっていない、血液型占いなんてあてにならないという人もいます。

そもそも占いというのは予想するという事ですし、特に血液型占いのように該当する人が多い占いは、真剣に受け止めるというより、ゲーム感覚でいい事だけ信じて、悪い事は信じない程度がちょうどいいのかもしれません。

世間一般では、血液型占いは理論上当たっていると言われていますが、人の血液型はA型、B型、O型、AB型の4種類しかありません。

血液型占いでは性格などを言い当てる事が多いのですが、性格というのは両親から遺伝する要素もありますし、育った環境によっても変わります。

血液型により性格の特徴もありますが、A型は几帳面、B型はマイペース、O型はのんびり屋、AB型は二面性があると言われています。

この統計を元に占いますから毎回同じような結果が出る事もあって、自分の血液型はこうであると思い込みやすい傾向があります。血液型占いは、一般的に言われている性格を元に考えているのもあって、結果はどれも似通っています。

どこで占っても結果が共通していれば、多くの人がそう思い込むので、血液型占いは理論上当たっていると思ってしまうのでしょう。これは星座占いなどにも共通していて、該当する人が多いほど思い込むという現象が起こるので、当たると錯覚してしまうのです。

しかし同じ血液型でも全く正確が違う人もいます。この場合は血液型占いは当たっていないという事になりますが、占いは絶対ではありません。

ゲーム感覚でも占ってみて、結果が当たっていれば素直に喜んでもいいのです。

例え当たっていなくとも、占いは完璧な答えではありませんし、参考程度に思っておきましょう。血液型占いに関しては科学的根拠はないとされていますが、楽しむ分には問題ありません。