バトルフィールド4初心者が最初に使うべき兵科(クラス)について

FPSを始めるに辺り、最初にでてくるタイトルはCODもしくはBFといった選択肢を選ぶ方が多いです。確かにソフト自体も売れていますし、オンライン対戦が熱いです。ここではバトルフィールドを選択した場合、初心者が使うべき兵科について考えていきたいと思います。

まずタイトルはバトルフィールド4にしましょう。

兵科は突撃兵、工兵、援護兵、偵察兵といった4タイプがあります。共通武器から兵科独自の武器まで色々あります。各種役割も違ってきます。

この中で初心者が選ぶべきではないもの。
それは偵察兵です。スナイパーライフルを装備することができ、遠距離から敵を倒すことができます。また偵察兵では双眼鏡を装備でき、遠くからスポット(マーキング)を行うことができます。

しかし、他の兵科であっても距離が離れていてもある程度のスポットはできるので初心者がわざわざ偵察兵をやる必要もありません。特にBFのスナイパーはかなり当てるのが難しいです。

初心者は突撃兵、工兵がおすすめ

突撃兵はいわゆる戦場の前線でドンパチする役割をもった兵科です。アサルトライフルといった強武器を装備できグレポンなど小回りの効く武器を装備できます。ただし最初から前線に出ても相手にやられるだけ。前線から一歩下がった位置から味方をサポートするようにすると良いです。

突撃兵の特徴としては味方の蘇生、回復させるアイテムを持つことができるので瀕死の味方を助けながらスポット。チャンスがあれば敵を倒すといった戦い方が初心者には最適です。

続いて、工兵。
PDW、カービンといったバランスの良い銃を装備することができます。強武器としてはロケットランチャーなどを装備可能。戦車、ヘリも壊すことができる兵科です。エイムが下手でもロケランなどは広範囲にダメージを与えることができ、乗り物も破壊することができるので前線の攻撃サポート役として活躍することができます。

特技としては修理。
戦車やヘリといった乗り物系のダメージ修復が可能です。意外と重宝される特技なので積極的に修理を行うと味方から熱い信頼を勝ち取ることができます。

初心者はスポットを覚え、相手の位置を割り出すことから

ps4であればR1を短く押すとスポットができます。アイアンサイトやレティクルでも良いですが、中心にとらえてR1ボタンを押すことで三角の矢印が相手につきます。これは味方全員に共有される情報で敵がどこに位置するかマップや画面上でわかるようになります。

スポットをつけた状態で誰かが敵を倒せばスポットボーナスも入るのでスコアアップに繋がります。初心者が突っ込んで無駄死にばかりするので、一歩下がった位置からスポットしまくるだけでもチームに貢献。有利に試合を運ぶことができます。

スポットを覚えて相手の位置を出すことばかりしていると必然的にいつも敵が隠れる位置などもわかってきて立ち回りも敵の裏をかくことができるようになるんですよ♪

まとめると初心者は突撃兵もしくは工兵を選んでスポットやサポートから戦況、立ち回りを学び、徐々にエイム力を向上させていけばキルレは低くてもチーム貢献できます。